HSPが友人やパートナーを選ぶ際にどこに注目するべきか

以前、HSPにとって気をつけたほうがいいタイプの人を紹介したところ、結構な反響がありました。やはり多くのHSPが人間関係に苦労しているのだなと改めて感じさせられました。

HSPにとって、接する時に注意が必要な人の特徴

2019年9月11日

そこで今回は、HSPにとって信頼できる人をどう見抜くか、とてもシンプルな観点でお伝えしようと思います。個人的な結論は、年下や、肩書きが下の人から何かを学び、吸収することが自然にできる人は信頼できる。

なぜこの結論に至ったのか、その理由をこれからいくつかの観点に分けて説明します。そのために、年下や、肩書きが下の人から何かを学び、吸収することが自然にできる人であるためには何が必要なのかを考えるのがとても有意義になります。

比較社会

人間観察していればわかるのですが、年下や部下から積極的に何かを学び吸収しようとする人は中々居ません。その理由を考察します。

日本は周りとの比較という意識がとても強く、「周りにどう思われようとも…」と行動できる人は少ないですし、ランキング形式のものがとても好きです。海外に行ったことがある人ならご理解いただけると思いますが、基本的に自分が何をしようが周りは気にしていないという日本とは違う感覚を感じることがよくあります。

例えば電車に乗っても、電話で話してはいけないとか、友人とうるさく話してはいけないとかそういう雰囲気そのものがない国は多いです。そういう意味で、帰国して最初に交通機関に乗ると、日本に帰ってきたんだなという感じがします。

周りにどう見られているかを強く意識し、比較の感覚が強いと、必然的に自分のアイデンティティを周りの人と比べることで定めていく傾向が強くなります。キツい言い方をすれば、優越感、劣等感、マウントの取り合いの世界です。

もちろん、その細かく比較する感性が役に立つ場面も多くあるとも思っています。

クリエイターの高城さんの最近のツイートですが、これもおそらく、日本人が周りと比較しやすいところに密接に関係があると言えそうです。

マウントとれるのにとらないフラットな人

そんな比較社会の中で、一番単純に自分の方が上になる場面は、まさに「自分の方が年上」「自分の方が役職が上」というシーンなのです。そうなると、別にマウントを取りたいという欲が強くなくても、自然に自分の方が上にいるという形を崩さない方が精神的に安定しやすい。年功序列の名残があり、肩書きにうるさい日本社会では、そこで上限関係を規定することに違和感を持つ人は少ないから尚更です。

しかし!
あえて年下や肩書きが下の人から積極的に学び吸収しようという行為は、自分の方が何もしなくても上にいるにも関わらず、自分から下に降りるような意味合いを持っています。自分よりあなたの方ができるから教えてくれという意味なのですから。周りとの比較でアイデンティティを築こうという傾向を持っている人はこういう行動をあまり取りません。

こういうことができるということは、そもそも人を年齢や肩書きで判断しておらず、フラットな感覚を重要視しているということの表れです。それが良い悪いは別として、階級や階層の意識がとても苦手なHSPがこういう人と相性が良くなりやすいのは、以上のことから極めて自然な結論になります。

人に関心がないとそうならない

人から積極的に学び吸収しようとするということは、そもそも他人に関心がある、謙遜である、話を聞くことができるなど共感の感性に通じるところがあります。HSPははこれまでも触れてきたように、共感性がとても強いため、こういった性質を持つ人と共感の土台を築きやすいと考えることができます。

また、自分から色々と質問してくれるような人であれば、HSPがとても人に気を遣いやすいことから、自分の主張をするのを控えてストレスが溜まる…というよくある問題も起こりにくいはずです。

様々な観点

他にも、よく言われるような第三者に対する接し方を観察するのも有効だと思いますし、年下や部下にも場合によって敬語を使える人なんかも悪くない観点だと感じますが、現時点では、一番精度がいいのは今回紹介した内容かなと判断しました。

これからも検討の余地が大いにありますし、考え続けたいトピックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IQ155オーバーだが、自信があるのはEQ(心の知能指数)の方で、繊細な感受性の持ち主。 大学時代に週末はあらゆる大学生と人生を語り合うことに費やした結果、人を見下していた尖り切った人生から、人の感情を共感し理解する相談役の人生へとコペルニクス的転回を果たす。 これからの時代は感情の時代になると確信しており、感情のあり方が幸せに直結するとの考えから、複雑な感情の流れを論理的に整理することに挑戦している。 モットーは Make the invisible visible