傷つきやすい人(HSP)と傷つきにくい人の感覚の違い

傷つきやすい人やHSPにとって、自分たちの特性を理解するとともに、非HSPの理解をすることが重要なので、今回はコミュニケーションをとるとき感覚の違いに注目します。

メラビアンの法則

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱したメラビアンの法則という法則は皆さんご存知でしょうか。

好意や反感など感情的なコミュニケーションにおいて、人々がメッセージを誰かから受け取る時にどのような要素が影響を及ぼすのか調べたもので、この法則では、言語情報(話の内容そのもの)が7%、聴覚情報(口調やトーン)が38%、視覚情報(表情など)が55%と出ています。

この数値の正確性についてここで触れるつもりはありませんが、非言語的要素がコミュニケーションの中で大きな情報になるということはこの実験に限らず感覚的にわかるのではないかと思います。

非言語的情報

例えば、謝罪や反省の言葉を明るい表情で話せば素晴らしい言葉を並べても相手は不信感を抱くでしょうし、明らかに表情が暗い雰囲気の人が大丈夫ですと言ったところでそんなわけないだろうと多くの人は感じます。

もちろん、感情のやりとりが少ない情報のやりとり重視のコミュニケーションの機会もあるとはいえ、非言語情報はとても重要になります。

さて、ここでようやく本題に繋がるのですが、私の経験上、HSPはコミュニケーションにおける非言語的情報の影響がさらに高く突出しているイメージがあります。そしてその対極にあるのがアスペルガー症候群の方々で、非言語的情報よりも言語的情報を重視して受け取っているように見えます。

また、今日の本題とは関係ので詳しくは触れませんが、違う角度で物事を見つめると、女性の方が非言語的情報の影響をより強く受ける、男性の方がそれよりもう少し言語的情報の影響が強いように見えます。

HSPにも男性にも女性にも、当然ながらグラデーションがありますのでひとまとめにはできないということはご了承ください。

非言語的な情報が受け取れないとはどういうことか

以前、非言語的情報を少ししか受け取れない人と過ごしたことがあります。とても真面目な人でしたが、非言語的な空気を読む世界が苦手で、冗談がこの世界になぜ必要なのかわからないと言っていました。

私がその人にある日大げさな冗談を言うと、深刻に捉えられて険しい表情になってしまい、なぜそんな変なことをいうのかと怒られたことがありました。コミュニケーションとは難しいものです。

ちなみにその人は、言葉で攻撃されたりしない限りは、誰かと同じ家に一緒に生活しながらずっと会話がなくても気にならないし、特にどうとも思わない感覚を持っているとのことでした。

非言語的情報は多くの人にとって曖昧な世界

その辺りのことを考えると、HSPがなぜ傷つきやすいのか見えてきます。非言語的な情報…相手の背後にある嫌悪感、欺瞞、損得の感情、動機、怒り、あらゆるものが情報として入ってくるからです。言葉や文字そのものの情報としてはそうでなくても、非言語的要素に振り回されます。感じたくなくても。

ただ、非HSPはHSPに比べれば言語的情報の割合が多いため、細かい感情の機微までは伝わってこない。結果として、気にしなくてすむし、考えすぎないですむことが増えるのです。

かくして、我々は考えすぎ気にしすぎと彼らから言われます。彼らからすると確かにその通りなのです。言葉ではっきりそう言われたわけでもないんだからわかんないじゃん。ということになります。説明が感覚的だととにかく弾かれてしまいます。感じないので当然です。

言語的なはっきりとした情報、あるいは非言語でもあからさまな態度を取るなどすれば、共通の認識になり得るでしょう。

HSPとしてはなぜ分かってくれないの…という気持ちにとにかくなりがちです。繊細で傷つきやすい分、説明するのにエネルギーが必要なのは確かなのですが、相手に伝わる言語的な情報や要素があるか考えつつ、コミュニケーションを計ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IQ155オーバーだが、自信があるのはEQ(心の知能指数)の方で、繊細な感受性の持ち主。 大学時代に週末はあらゆる大学生と人生を語り合うことに費やした結果、人を見下していた尖り切った人生から、人の感情を共感し理解する相談役の人生へとコペルニクス的転回を果たす。 これからの時代は感情の時代になると確信しており、感情のあり方が幸せに直結するとの考えから、複雑な感情の流れを論理的に整理することに挑戦している。 モットーは Make the invisible visible